さいたま市の不動産会社、草野工務店は南区・浦和区・緑区内の新築・中古の一戸建て、マンション、そして土地などの不動産売却、購入のお手伝いをいたします

TOP >> 不動産の引渡しについて

不動産の引渡しについて

物件引渡し(残金決済)のスケジュール調整は、草野工務店がいたします。
物件引渡しに必要な諸費用や登記関係書類について「残金のご案内」にて事前にお知らせし、 弊社担当者が最後まで責任をもってお手伝いいたします。

引渡し前の現地立会い

トラブルを未然に防ぐため、売主様、買主様双方で、不動産が引渡し可能な状態であるかどうかを最終確認いたします。

引渡し時の手順

一般的に、売り主による所有権の移転と物件の引き渡し義務と、買い主による残代金を支払う義務は同時に履行します。

残代金の決済と所有権移転登記

まず、買い主から売り主へ、残代金を支払います。住宅ローンを利用する場合は、ここでローンが実行されます。
残代金を受け取ったら、売り主は買い主に対して残代金の領収書と所有権移転登記に必要な書類一式を引き渡し、一般的には司法書士が所有権移転登記を申請します。
(売却物件に抵当権が設定されている場合は、抵当権抹消の登記も同時に申請します。)
この場合、登記費用は司法書士に支払います。

公租公課等の精算

公租公課(固定資産税と都市計画税)、管理費などについては、引き渡し日の前日までを売り主の負担、引き渡し日以降を買い主の負担として、日割り精算するのが一般的です。
買い主から精算金を受け取ったら領収書を受け渡します。

その他必要書類等の引き渡し

実測図や建築関係書類、物件の鍵、付帯設備の保証書・取り扱い説明書、その他の書類等を売り主から買い主へ引き渡します。
必要書類等の引き渡しと引き換えに「引き渡し確認書」などを受け取ることも多いようです。

仲介手数料の支払い

引き渡しが完了したら、不動産会社と結んだ媒介契約に基づいて、仲介手数料を支払います。
不動産会社から領収書を受け取ります。